なんて日だ!

c0145016_18351572.jpg
22日の朝の熊さん。


ずっとリビングにいる私の隣へんにいる。

ここに転がるか・・・





c0145016_18351522.jpg
この骨盤マッサージ椅子の上にいる。




寝てばかり。
だるいのかなぁ?


じゃ、私だけ4時に採れた尿を持って病院へ。

と、

尿糖2+。
尿比重1.015(1.045)。
ph6.0。

尿沈渣・結石分析外注検査に。

で、本猫を連れてくるようにって。


病院は、ワンちゃん検査シーズンなので混んでいる。
午前中の診療に間に合いそうにないので、
午後に熊さんと病院へ。



体重4.5kg。
血糖503(71−148)。
ALP193(38−165)。
ナトリウム144(147−156)。

ALPは、肝臓モノの数値らしい。
ナトリウムは、低いと脱水らしい。

2007年12月に別の病院で陰性だったんだけど、
念のため、猫エイズ白血病検査しましょうと。

もちろん陰性でしたわよ。


なので、入院かと思いきやケトン体が出てないので
明日、血糖値コントロールで半日入院する事に。

この日は、シッコ6回&ウンチ2回。






翌23日の朝から夜までフード(ヒルズw/d)持参入院。

そういえば、熊さんの写真を撮ってなかった。
帰ってきたらアップでも撮ろう。

などと思いながら、病院からのお迎え要請を待つ。

全然連絡が来ないので、心配で連絡する。
と、もう少し時間をくださいと仰る。

やっと連絡が来て21時にお迎えに行く。

ALPは、57(38−165)で正常値内。

と、インスリンではなく点滴で血糖値が下がったとのこと。
2時間おきの数値は、
492−394−292−224−115−120。

で、補液指導されて帰される。



ここからが大変だった。




22時過ぎの電車に乗るべく待っている間にバッグにシッコ。
かなり多量。

帰宅後、鬼のように水を飲み、走ってトイレに行った熊さんを確認。

私は、ふろ場でバッグを洗ってからトイレ掃除に。
砂シッコ玉1個&ウンチ3ヶ所。

で、リビングに行ったらエライコッチャに。




熊さん、病院で無理やり食わせられたのか?
それとも排泄を我慢しすぎたか?

走りながら吐きまくったかと思いきや、とまるとウンチ態勢に。
30センチ四方のカーペット21枚洗濯へ。
(下痢ウンチ5枚&ゲロ16枚)。

で、足がフラフラしてて、テーブルやらソファーやら乗ろうとして踏み外す。


この日の晩の甲状腺の薬は、お休みすることに。

本日は、シッコ4回&ウンチ多数。


こんなんで自宅補液できるのか?





この下は、ゲロ写真。
見たくないお人は見ないでね。



















走り回ってゲロったのよ。
c0145016_18351587.jpg

c0145016_18351546.jpg

c0145016_18351594.jpg


かわいそうだよ。








[PR]
by shima2nikki | 2018-04-23 23:59 | 糖尿病・甲状腺機能亢進症