しましま日記

shimanikki.exblog.jp

しましま雑種猫との日常

フードがあるじゃん

小さい時から熊さんは、よく鳴くお方だった。
なので、何か病気かもと思って調べると甲状腺の病気がヒットする。

最初の頃、通院時に先生に聞いたりしてた。

けど、この病気は老猫さんに多いから大丈夫って。


で、’16年12月に糖尿病を発症した時に初めてT4検査。
(甲状腺ホルモンによる糖尿病なのか確認するため)

この時の数値は、1.8で正常値。
(正常値0.6ー3.9)


なので、すっかり忘れてた。


去年(10歳)の健康診断では、検査されてなかった。
(糖化アルブミン検査は、してたのに)

心臓のサイズが大きいのを心配されてた。

この時、甲状腺の事を聞いたらよかった。
熊さんは、カワイ子ちゃんフィルターがかかってるけどジジなのだ。


甲状腺機能亢進症の事を改めてネットで調べる。

日本では、薬で治療するのが一般的らしい。

薬ではなくフードで生活してる猫さんもいるって。
ヒルズのy/d(ヨウ素制限食)。

熊さんは、きっと食べてくれると思われる。
はぁ〜よかった。
薬を飲ませる自信がなかったのよ。





と、翌日病院へ。
(通院直前シッコ採尿できず)

体重4.5kg。



糖化アルブミン(6.7−16.1)が28。
甲状腺T4(0.6−3.9)が8.4。



またまた点滴するため、半日入院。

点滴しての血糖値推移は、489→296→141。
インスリンなしで血糖が下がった。

尿糖2+や血液検査の結果からコンベニア注射される。
(2週間持続する抗生剤)


甲状腺病フードどころの騒ぎじゃなかった。
2倍以上の異常値だったよ。


なので、










c0145016_21492070.jpg
薬(胃腸薬&抗甲状腺ホルモン)でたー!


胃腸薬は、シリンジで。
メルカゾールは、5mg錠の1/4を朝晩2回。

飲ませられるのか?私。

いやいや、あの小太郎様でさえ血尿の時に飲ませたんだ。
(ダンナに抑えてもらい、泣きながらだけど)

頑張れ私。











c0145016_21492058.jpg
21日の昼の熊さん。



下手くそながら、なんとか薬を飲ませられたよ。

熊さんは、小太郎とは大違いだなぁ。


昼過ぎ黄色い目ヤニが出た。
小太郎に付き合って腎ケアを食べてる頃、よく出てた。
糖尿病食を食べてから出たことなかったのに、なんでだろ?




c0145016_21492126.jpg
21日の晩、そろそろ薬を飲みますよ。



胃腸薬、半分飲ませて逃げられたー!
でも、メルカゾール飲んでくれたからよかったよ。



今日は、シッコ6回、ウンチ2回。

抱っこ嫌いで孤独を愛するオトコ。
でも、ここんとこ常にそばにいる感じ。

やっぱり調子が悪いんだなぁ。


[PR]
by shima2nikki | 2018-04-21 21:49 | 糖尿病・甲状腺機能亢進症

しましま雑種猫との日常


by しましま