開けない夜はない



ね、小太。



と、つい呼んでしまう老齢夫婦。
だって、熊吉が小太郎みたいにずーと近くにいるんだもの。


以下、昨日の写真。

c0145016_544517.jpg

今までナデナデも抱っこもあまりお好きでなかった様なのに、
ここんとこナデ放題。

うちに来てから、ずっと小太郎に毛づくろいしてもらってたからかな?
でも抱っこは、お嫌いね。



c0145016_544593.jpg
写真を撮っても全然逃げない。
睨まれたけど…











昨夜のしましま、ペットシートを片付けたベッドに転がった。
が、またまたダダ漏れスイッチが入って寝てられん。

結局リビングに逆戻り。





明けない夜はない

っていうけれど、やっぱり夜が長いんですの。








[PR]
# by shima2nikki | 2016-09-14 05:04 | 熊吉

スイッチ

一昨日は、小太郎をちゃんと送らねばと気が張ってた様。

昨日の朝は、ちびっこ小太郎の母ちゃん達に手紙を書いた。
近くのポストに行く事をだんなに伝え、ポストへGO!

が、切手を貼り忘れた事に気がついた。
なので、最寄りの郵便局へ。
が、お休みじゃん。
ほほほほほ、土曜日でござった。
で、ちょこっと遠い本局でお願いしてきましたぞ。

途中、だんなが心配するかもと思い、携帯で電話を…
ほほほほほ、忘れてきたので連絡できず。

この後もボケボケで、赤信号の歩道を渡りそうに。


そして、本日。
ブログ投稿4回目。
かなりへっぽこ。

では、気を取り直し。





熊吉に小太郎の分まで長生きしてもらうしかないと思い、
小太郎用に買ったサプリメントをひっぱり出してみた。
c0145016_20474617.jpg
熊吉は、ウエット好きだから混ぜられるかな?



このお方、お外の餌場にいきなり姿を現して保護された。
それから、一匹で暮らした事がない。
c0145016_20474651.jpg
いつもは、和室のキャットタワーにかなりの時間寝に行く。
なのに、ずーとリビングにいる熊吉。
一匹生活、大丈夫か!


c0145016_20474638.jpg
小太郎、どう思う?




しばらくしたら、熊吉がやって来た。


c0145016_20474679.jpg
なぜか後ろのベッドを嗅いで去って行った。

わかってるのか?わかってないのか?



小太郎が昏睡してる間の人間は、絶不調。
私は、嘔吐しまくり。
だんなは、下痢ピー。
まるで腎不全の症状。
ただの神経性胃腸炎かもしれんけど、
少しでも最期の小太郎の痛みを肩代わりさせてもらえた様な気がしたよ。
ちょこっと自己満だね。


小太郎が逝っちまってから、何気ない事でスイッチが入る。
すると、目から水分がだだ漏れだ。

人間がこんなんだから、熊吉の体調に気をつけねばね。








[PR]
# by shima2nikki | 2016-09-11 20:47 | しましま

小太郎、永眠。




本日、午前4時過ぎ。
添寝中の小太郎が冷たくなってきてるのに気がついた。
すぐにだんなを起こして一緒に呼吸を確認してもらう。
抱き上げたら、鼻から液体が多量に出た。

享年およそ9歳と2ヶ月。
死因は、たぶん多臓器不全。

朝晩の病院での投薬で、ここ3日ほど植物状態だった小太郎。
昼は、だんなが様子を見。
夜は、私が抱っこしながら添寝。

かすかな寝息だけが生きてる証拠。
全然反応のない小太郎を見続けるのは、
まさに地獄のような3日間でした。


亡骸の写真は、ブログに載せないつもりでしたが、
最後が眠りながらだったせいか、おだやかな顔が撮れました。
なので、よかったら見てやって下さい。



c0145016_23102668.jpg
人間用の保冷まくら&保冷アイマスクで冷やしています。




c0145016_23102659.jpg
薬で眠りながらだったから、自分が死んだのわかってるかな?
それだけが心配。




そして夕方、だんなと二人で小太郎の骨を拾って帰って来ました。

どこにいてもらおうか?
いつもいた所がいいかな?



c0145016_2310265.jpg
ここがお気に入りだったけど…




c0145016_23102652.jpg
こちらのお方のお気に入り場所の通り道。





c0145016_23102640.jpg
じゃここにしよう!






小太郎を気にかけて下さった方々、ありがとうございました。
本当に世話のかかる面倒臭い可愛い暴君でした。

6月末から先の見えない道を走り続けてきましたが、
今思えばほんの2ヶ月強でした。

慢性腎不全でしたが、最後は尿道に結石がつまってしまいました。

薬による昏睡に入る直前までドライフードをモリモリ食べ、
足腰立たないながらも根性で水を飲む。
本当に強いオトコでした。

病気の事などは、また後日載せられたら書きます。


もしもお花を贈って下さろうと思ったお人がいたら、
お気持ちだけでうれしいです。

私は、花が枯れるのを見るのがさびしいんで…







ちびっこ小太郎の母ちゃん達、小太郎に会わせてくれてありがとう。
うちに来た当初の小太郎の写真を郵送でお送りさせて頂きます。


c0145016_23102673.jpg

アルバムの片隅にでも貼っていただけるとうれしいです。




訃報を聞いて、忙しいのに電話をくれたK動物医療センターのH先生。
先生が閉院直前にちゃんと診てくれたおかげで、
2ヶ月強という心の準備期間をもらえました。
お世話になりました。
ありがとうございました。

来月、熊吉のワクチンしてもらいに行きますね。







小太郎のおかげで、いつの間にか猫好きになれたよ。
うちに来てくれてありがとう。

生まれ変わっても、たまに夢の中に会いに来てくれろ。







[PR]
# by shima2nikki | 2016-09-09 23:10 | 小太郎 | Comments(0)

タクシーの運ちゃんさん

昨日の朝8時過ぎのお二方。
c0145016_171014.jpg

c0145016_1710164.jpg

昨日の午後3時頃の小太郎様。
c0145016_1710166.jpg


昨日の午後7時過ぎのお二方。
c0145016_1710153.jpg

c0145016_1710198.jpg



この二ヶ月強、いろんな会社のタクシーさんに乗せてもらった。
個人タクシーは、二人だけ。

一人は、超ハズレで思い込みで違う場所に連れて行かれた。
もう二度とあそこでタクシーを拾うまいと誓った。

もうお一方は、バスの時刻表が変更になって拾ったタクシーさん。
男の人なのに可愛いおばあちゃんみたいな印象のお人。
お酒飲み過ぎて肝臓やられちゃった話をしてくれた。
話聞いてたら、すぐ着いちゃって領収書をもらい忘れた。


会社さんは、浅間、蘇我、稲毛、アスカなどなど、

稲毛タクシーのシェルティーのお父さん。
(ワンちゃんの話をしてくれて、おまけしてくれた。)

ほぼ毎日行ってたので、同じ運転手さんにお世話になることが多かった。

中でも一番お世話になったのは、西千葉タクシー。
運転手さんがいい人ばかり。

おかげで楽しく通院できた気がするよ。
うちのブログなんか見てないだろうが、運転手さん達ありがとう。







c0145016_1710137.jpg
今日の午前1時の小太郎様。




[PR]
# by shima2nikki | 2016-09-07 19:08 | しましま | Comments(0)

鱈&レバー


今朝の小太郎。
c0145016_536384.jpg

不調の為、昨日の夕方も病院へ。
催眠、鎮静、抗てんかん薬と吐き気止め薬を注射してもらう。

で、以前処方された座薬も使う様にS先生から指示を頂く。

私に出来るか?
っと思ったが、鎮静剤が効いていて一唸りで入れさせてくれた。

ああしたら良かった。
こうすれば良かった。

と、あれこれ思うことは、あるけれど…

今は、小太郎が苦しくならないのが一番だ。
なので、今日から朝晩通院することになったぞ。


熊吉には、申し訳ないけど、だんなも手伝ってくれるので助かる。
しましま家、一丸となって頑張る所存でございますよ。











[PR]
# by shima2nikki | 2016-09-06 05:36 | しましま | Comments(0)