1歳の血液検査結果おぼえがき

今日、検査結果が出るというので夕方検査結果をもらいに行って来た。

BUN(血液尿素窒素)が高いんだと。
つまり?
腎臓に負担がかかってる可能性があるとか。

腎臓が悪いとクレアチンとかリンとかの値も高いらしい。
熊吉の場合はBUNのみ、標準値(17.6~25.1)を超え31.3。

なので、もしかして一時的に負担がかかってただけなのかもとのこと。
検査直前までに、過激な運動や食事をしてた場合も数値が上がるらしい。

熊吉の場合は、キャリーに入れるまで大暴れだった。
でもご飯は、4時前と7時に10gづつで20g食べた。

小太郎は、再検査だと思って覚悟してたけど、まさか熊吉が・・・

また貼り付けの刑で採血されるのよ。
細胞が傷つけられてその部分が癌化したらどうしよう。
と渋っていたら、

「注射針でその部分が癌化する事は100%ない」
って、先生は言ってたけど、そんな事わからない。
細胞レベルの事だし、変質して自殺するはずの細胞がそのまま残ったらと思うと・・・

考えすぎかもしれないけど、やっぱり心配だ。

きっと私の顔にそう書いてあったのを読み取ったらしい先生。
「糖尿病の猫は、毎回注射するんですよ」
それは、病気と付き合うためには仕方がない事だと思う。

でも腎臓病の初期だったら・・・
なので、熊吉には申し訳ないけどもう一回検査をしてもらうことにする。
また熊吉の悲鳴を聞くと思うと億劫だ。


一週間後に朝ごはん抜きで再検査となりました。
う~ん、てか小太郎様が・・・大丈夫か私。

月曜は、休み明けでご飯がどうしても不規則になる。
来週の金曜日にでも行く事にしよう。

ほんとにへっぽこお世話係だよ。



c0145016_12373586.jpg

[PR]
by shima2nikki | 2008-12-10 19:46 | 病院帰り